デザイン学研究作品集
Online ISSN : 2188-7772
Print ISSN : 1341-8475
ISSN-L : 1341-8475
Bio-like Display:生物的な動きによって人とインタラクションを行う情報ディスプレイ
村松 充神山 友輔江角 一朗阪本 真西谷 圭飯澤 大介山中 俊治
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 20 巻 1 号 p. 1_60-1_65

詳細
抄録

 本稿では、スマートハウスやInternet of Thingsが普及した近未来における映像情報機器のプロトタイプ“ Bio-likeDisplay”(図1)について述べる。
 “Bio-like Display”は、生物のように意思を持って動く情報端末の集合であり、互いに協調動作を行ったり相互作用を行ったりしながら、ときには漂いながらアンビエントな情報を提示し、またときにはユーザーに近づきながら積極的に情報を提示する。
 映像端末はモーターによって回転する3本のアームによって保持されている。情報端末に生き物のような動きを与えることで、それぞれの関係性をゆるやかに暗示することを目指す。“Bio-like Display” は映像情報と生物的なモーションの組み合わせによる様々な人とのインタラクションを探るためのプラットフォームである。

著者関連情報
© 2015 著作者
前の記事 次の記事
feedback
Top