J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

デザイン学研究作品集
Vol. 21 (2015) No. 1 p. 1_22-1_25

記事言語:

http://doi.org/10.11247/adrjssd.21.1_1_22


本作品は、トラス構造の学習を中心に、算数、数学における数の数え方の学習から図形学習、幾何形体学習まで行えることで、教材の長期利用を実現した学習教材である。本作品は、数え棒の両端に磁石を、中央部分に鉄板と長さの比率を調整できるくぼみを設けることで、数の数え学習からトラス構造まで学習することを可能にした。(図1)学習者の成長段階と目的に合わせて長期利用できることから本作品を「ワン・トゥー・トラス」と名付けた。
本作品は、1つのユニットで構成されているが、2本を組み合わせることで長さを伸ばすことができ、さらに複数本を組み合わせることで様々な図形や幾何形体、トラス構造による立体造形を行うことができる。
本稿では、「ワン・トゥー・トラス」の開発の経緯と、その使用方法について解説を行う。

Copyright © 2016 著作者

記事ツール

この記事を共有