J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

デザイン学研究作品集
Vol. 21 (2015) No. 1 p. 1_48-1_53

記事言語:

http://doi.org/10.11247/adrjssd.21.1_1_48


このプロジェクトは新たな洋食器デザインの在り方を提案するために、陶芸を専攻する大学院生と1年半の期間に渡り協議を重ね開発したものである。各々が思考する“生命感”を洋食器の形状に合わせてイメージ展開し、マスプロダクションに於ける商品として完成させた。さらに販売を想定して消費者の嗜好性分析も行う取り組みへと発展させた。アイテム構成はティーセットを主体とし、ボーンチャイナ(軟釉磁器)の持つ柔らかな色調と透光性のある生地に、転写紙絵付技術による焼成と金加飾による絵付技法を用いて、表現したものである。

Copyright © 2016 著作者

記事ツール

この記事を共有