J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

デザイン学研究作品集
Vol. 21 (2015) No. 1 p. 1_54-1_57

記事言語:

http://doi.org/10.11247/adrjssd.21.1_1_54


本システムは、基礎的な描画技法の学習活動を促進するためのツールとして研究開発したものである。システムは学習者が用いるタブレットPC用に開発された専用のソフトウェアと、指導者が用いるレビュー管理システムで構成されている。学習者はネットワークを用いることによって、授業の時間外に他者の作品を鑑賞し、互いに作品を評価し合うこと(ピアレビュー)ができる。本システムは「構図」「正確な形」「立体感」「質感」という4つの切り口から、気づいた内容をレビューとして記述したり、注釈等を作品上にスーパーインポーズすることができる。また、レビュー後はレビューに対するレビュー(バックレビュー)を受け取ることにより、ふりかえり学習をおこなう事ができる。本報告では本システムの紹介・開発過程・学生による評価を報告する。

Copyright © 2016 著作者

記事ツール

この記事を共有