デザイン学研究作品集
Online ISSN : 2188-7772
Print ISSN : 1341-8475
ISSN-L : 1341-8475
Mメソッドシステム
井関 大介余部 昇太田中 快汰加藤 健郎松岡 由幸
著者情報
ジャーナル 認証あり
電子付録

2018 年 24 巻 1 号 p. 1_12-1_17

詳細
抄録

 近年、人工物の大規模化・複雑化に伴い、デザインには「自由な思考」による豊かな発想と「理にかなった思考」によるデザイン展開が必要とされている。Mメソッドは、それらの両立を可能とする方法論であり、これまでに様々なデザインに適用されている。本作品「Mメソッドシステム」は、これまで模造紙と付箋紙を利用してきたMメソッドをUnreal Engineを用いてデジタル化したものである。これにより、デザイン過程において、ウェブ上のキーワード・画像や発想したアイデアスケッチなどを利用できるとともに、それらを用いたデザインプロセスを記録できる。さらに、共有画面と複数の個人画面(スマートフォン・個人ノートPC)をインタラクションさせることで、大規模化・複雑化した人工物のみならず、様々なデザイン対象において、共創・協働とそれに伴う創発性やコンカレント性も期待できる。

著者関連情報
© 2019 著作者
前の記事 次の記事
feedback
Top