デザイン学研究作品集
Online ISSN : 2188-7772
Print ISSN : 1341-8475
ISSN-L : 1341-8475
engawa:
プライバシーを考慮した空間可視化システム
勝部 里菜益子 宗内山 俊朗
著者情報
ジャーナル 認証あり
電子付録

2018 年 24 巻 1 号 p. 1_6-1_11

詳細
抄録

 engawaは、空間内で何が起こっているのかを可視化し、この情報を外部に配信するためのシステムである。近年、動画のライブ配信、SNSなどを通じた遠隔参加など、実際に会場に行く以外にも、様々な方法で展示会やイベントに参加している人が増えている。さらに、イベントに参加した人だけでなく、参加しなかった人も、アーカイブされた映像を見たりコメントしたりすることができる。このようにして、参加者は異なる空間や時間を超えて情報を交換することができ、一体感が生まれさらにそのイベントが盛り上がる状況が見受けられる。この点を念頭に、engawaを開発した。 engawaの目的は、イベントを盛り上げるために、何が起こっているのかをリアルタイムで伝えることである。それを伝える効果的な方法は、動画のライブ配信であるが、来場者を撮影・配信することはプライバシー上の理由から問題がある。そこで、CGを使ってリアルタイムで参加者の動きを再現するシステム engawaを開発し、参加者のプライバシーを保護しながら動画のライブ配信ができるようにした。

著者関連情報
© 2019 著作者
前の記事 次の記事
feedback
Top