デザイン学研究作品集
Online ISSN : 2188-7772
Print ISSN : 1341-8475
ISSN-L : 1341-8475
栄ミナミまちづくり会社によるプレイス・ブランディング
エリアマネジメントで捉える横断的なデザイン
伊藤 孝紀杉山 弓香水口 敬悠伊藤 誉
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 24 巻 1 号 p. 1_86-1_91

詳細
抄録

 名古屋市都心部に位置する栄ミナミ地区は、プレイス・ブランディングの視点で、統一したデザインコードによるまちづくりを実施している。
 都市再生推進法人「栄ミナミまちづくり株式会社」が公共空間におけるエリアマネジメントを実施する際に、デザインコードに従って、プロポーションやテーマカラーを各事業のデザインに反映している。
 筆者らは、組織発足時から地域の協議に参加し、デザインコードの作成および事業提案、実施計画、各事業の効果検証をおこなっている。
 プレイス・ブランディングをエリアマネジメントに活用することは、事業の視認性や広告価値を高めることにつながる。そのため、栄ミナミ地区は活気と賑わいある景観を持続しながら成長しつづけるまちづくりの実現を可能にしている。

著者関連情報
© 2019 著作者
前の記事 次の記事
feedback
Top