アフリカ研究
Online ISSN : 1884-5533
Print ISSN : 0065-4140
ISSN-L : 0065-4140
女性のエンパワーメント
ブルキナファソ, ローカル女性NGOの事例から
浅野 史代
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 2006 巻 68 号 p. 65-73

詳細
抄録

今日では, 経済開発から社会開発へと開発の手法が移行し, 国際機関だけでなくNGOも開発政策の担い手となっている。現在の開発政策において,「ジェンダーと開発: GAD」アプローチが重要であるが, そのアプローチの中でも「エンパワーメント」という概念が注目を集めている。それにともない, 途上国内のローカル女性NGOの様々な活動が日本でも徐々に報告され始めているが, アフリカにおけるそれを扱った例は依然として少ない。そこで本稿では, ブルキナファソで30年間活動を継続させているローカル女性NGOを取り上げ, その組織形態, 活動内容を報告するとともに, この組織が取り組んでいるエンパワーメントの特徴を指摘し, 今後の開発政策においてローカル女性NGOのエンパワーメントがもつ可能性について考察する。

著者関連情報
© 日本アフリカ学会
前の記事 次の記事
feedback
Top