日本建築学会技術報告集
Online ISSN : 1881-8188
Print ISSN : 1341-9463
構造
強震動予測手法に関するベンチマークテスト:数値解析手法の場合(その2)
吉村 智昭永野 正行久田 嘉章青井 真早川 崇Seckin Ozgur CITAK松島 信一川辺 秀憲上林 宏敏
著者情報
ジャーナル フリー

18 巻 (2012) 38 号 p. 95-100

詳細
PDFをダウンロード (928K) 発行機関連絡先
抄録

We performed a benchmark test for strong motion simulation methods using numerical methods (finite difference method and finite element method). We considered a four-layered model, a symmetric basin model and a slant basement basin model. All the results calculated by six teams from different institutions generally show good agreement to each other. We found minor differences of phase arrival time between institutions and minute differences between FDM and FEM for some models.

著者関連情報
© 2012 日本建築学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
関連情報

この資料について: 全文PDFについては刊行後1年の間は公開していません。

主な採録インデックス:
feedback
Top