農業情報研究
Online ISSN : 1881-5219
Print ISSN : 0916-9482
ISSN-L : 0916-9482
原著論文
圃場区画ポリゴンパネルデータの構築による圃場単位の作付け行動の計量経済分析
佐藤 赳村上 智明中嶋 康博
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 29 巻 1 号 p. 14-23

詳細
抄録

リモートセンシングやGISは,土地被覆や農業環境の観察を可能にし,農業経済分析にもその活用が期待されている.本研究は,オブジェクトベースの衛星画像解析によって圃場区画ポリゴンを作成し,位置情報に基づいて衛星画像データや気象情報,センサス等の多様なデータを結び付け,圃場単位のパネルデータとして経済分析を行う手法を提案した.圃場区画を分析の単位とすれば,農業経営体の作付け行動とも整合的である.本研究では酪農業が盛んな北海道根釧地方を対象に,圃場区画ポリゴンを作成した.圃場区画ポリゴンは,2010年,2015年の2時点の土地利用/土地被覆データ,及び農林業センサスデータが結合されている.作成した圃場区画ポリゴン単位のパネルデータを用い,牧草・畑作の二通りの作付け選択の決定要因を推定したところ,より資本や労働が多い農業経営体や,生育期の気温が高い土地において,牧草ではなく畑作が選択されやすいことが示された

著者関連情報
© 2020 農業情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top