農業情報研究
Online ISSN : 1881-5219
Print ISSN : 0916-9482
 
向日性に基づいた施設内マスクメロン葉描画のための三次元グラフィックスモデルの作成
羽藤 堅治野口 多聞橋本 康
著者情報
ジャーナル フリー

6 巻 (1997) 2 号 p. 95-102

詳細
PDFをダウンロード (1630K) 発行機関連絡先
抄録

栽培施設における光の環境条件をシミュレーションし,そのデータを利用した植物の生長のモデルが作成できれば,施設内の植物の生長過程を予め知ることができる.この技術を使うことによって,栽培施設の設計を植物の群落の配置の面からサポートすることができると考えられる.
本システムは,以下に述べる三つのユニットから構成されている.施設を設計するためのCAD (Computer Aided Design)と,植物の生長モデルを作成するためのモデルと,実際に表示を行い視覚的に表現を行うVR (Virtual Reality)である.
本研究では,一例としてメロンの生長モデルを作成してシュミレーションを行った.メロンを選んだ理由は,実際の栽培実験において,向日性が顕著に現れ,光の環境条件を特に考慮すべき作物である.シュミレーションの結果,向日性モデルが有効であることがわかったのでここに報告する.

著者関連情報
© 1997 農業情報学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top