日本地理学会発表要旨集
2014年度日本地理学会秋季学術大会
セッションID: 314
会議情報

発表要旨
過去三回の関東地震の発生履歴と地殻変動の蓄積との関係
三浦半島南部の谷底低地の微地形分析からの考察
*金 幸隆萬年 一剛熊木 洋太松島 義章
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

 三浦半島南端の毘沙門湾付近は,1923 年と1703 年の関東地震の時にそれぞれ約1.2m隆起し,地震間では約 3.7 mm/年の速度で沈降している.最近,半島南西部の小網代湾の堆積物調査から1703年の一つ前の地震の履歴が1060年~1400年の間と推定した[Shimazaki et al., 2011].本研究は,三番目の関東地震の発生履歴について,さらに詳細な情報を提示し,その上で地殻変動の蓄積と地震の発生間隔との関係について考察する. 毘沙門湾に注ぐ4つの谷のうち東側の谷底では,高さ1~2mの低崖で画された海成段丘が5段認められ,間欠的に発生する関東地震に対応する可能性が指摘されている[地理院,1981].最低位の段丘面は標高+2.1mに分布し,海岸沿いに西側の谷まで発達している.本研究は,この最低位の段丘面をさらに細分して形成過程を検討する.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top