日本地理学会発表要旨集
2015年度日本地理学会春季学術大会
セッションID: 328
会議情報

発表要旨
徳島県撫養地区における塩田開発と1596年慶長伏見地震の関連性
*小野 映介矢田 俊文海津 颯河角 龍典
著者情報
キーワード: 塩田, 断層, 地震, 古文書
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

1596年慶長伏見地震の際に,現在の徳島県鳴門市の撫養(むや)地区が隆起し,入浜塩田を営むことが可能になったとする史料が存在する.本研究では,史料に書かれた内容の信ぴょう性について,地形・地質学的な側面から検討を行った.入浜塩田では潮の満ち引きを利用して製塩を行う.したがって,その立地は地形条件によって制限される.撫養地区の塩田が鳴門南断層の上盤に広がっている点,塩田の開発域の南限が鳴門南断層とほぼ一致している点,16世紀に鳴門南断層が活動し,0.5~1.0 mの上下変位を生じたと考えられることなどを勘案すると,地震性隆起が塩田開発の契機となったとする文書の内容は事実である可能性が極めて高いと判断できる.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top