赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究論文
欧州のイノベーション政策
欧州型オープン・イノベーション・システム
立本 博文小川 紘一
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 9 巻 12 号 p. 849-872

詳細
抄録

本研究では「欧州型オープン・イノベーション・システム」について明らかにする。欧州では1980年代に大きな産業政策上の変更が行われ、現在の共同研究政策、標準化政策の基礎が出来上がった。これを基盤とした欧州型オープン・イノベーション・システムは、2000年のリスボン宣言以降、強化される傾向にある。欧州型オープン・イノベーションを特徴づけるのは「産業分類の境界を超えた共同研究プロジェクト」と「標準化によるプロジェクト成果のグローバル展開」の二つである。本論文では、欧州型オープン・イノベーションを支える制度的な仕組みとして、Framework Programme、European Technology PlatformやJoint Technology Initiativeを取り上げ、これらの制度・助成策が産官学の大規模連携を可能とし、大規模なイノベーションを生む基盤となっていることを紹介する。さらに、その成果を欧州地域市場、ひいてはグローバル市場へと展開する道具として地域標準・国際標準化が行われており、国際競争力に貢献していることを説明する。

著者関連情報
© 2010 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
次の記事
feedback
Top