J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

赤門マネジメント・レビュー
論文ID: 0170512a

記事言語:

http://doi.org/10.14955/amr.0170512a


企業が持続的に成長するには、現在の事業領域と技術領域を超えた新たな領域での探索が有効な方策のひとつである。先行研究は、近傍領域の探索に傾斜しがちな企業の特性を指摘すると同時に、探索活動を類型化した上でそれぞれの効果を明らかにしてきた。本稿は、先行研究が注意を払ってこなかった探索をすすめるプロセスに着目し、その解明に貢献することを目的とする。まず、探索の階層性という新たな概念を提示したうえで、富士フイルムとコダックの探索戦略の違いを明らかにする。そして両社の盛衰が分かれた理由を、探索の階層性に立脚して探索プロセスの違いから考察する。

Copyright © 2017 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター

記事ツール

この記事を共有