赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
ダイバーシティ経営の中に潜む罠
経営学輪講 Lau and Murnighan (1998)
菊地 宏樹北山 寛子
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 0181116a

詳細
抄録

昨今、政府により推進されている働き方改革の中でもダイバーシティがキーワードとされて注目が集まっている。女性や高齢者、外国人の活用が進められていることから、ダイバーシティ研究の重要性は増すだろう。政府はダイバーシティに関して良い面ばかりを強調するが、その裏側には負の面も存在する。ダイバーシティ研究の中のフォルトラインの研究がそういった側面を我々に示唆してくれる。本稿では、フォルトライン研究の嚆矢となったLau and Murnighan (1998) を紹介し、フォルトラインという概念について、有名な例示を通して理解を提供しつつ、見落とされがちな「フォルトラインの活性化」という概念についても焦点を当てて紹介する。

著者関連情報
© 2018 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事
feedback
Top