失語症研究
Online ISSN : 1880-6716
Print ISSN : 0285-9513
ISSN-L : 0285-9513
原著
失語症者の副詞および擬音擬態語による動詞発話の促進
金子 真人種村 純
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 9 巻 3 号 p. 213-218

詳細
抄録

     失語症者が動詞を表出するときの手がかりとなる副詞と擬音擬態語の動詞発話の促進効果を7名の失語症者について検討した.動詞発話が得られない場合に動作絵に続いて副詞あるいは擬音擬態語を聴覚的に呈示した場合の動詞発話の促進効果と, self-genereted cue として副詞および擬音擬態語を復唱後に自発的に発語した場合の促進効果が比較された.その結果,副詞や擬音擬態語が聴覚的に呈示された場合より復唱を繰り返した後に自発的に発話する方がより該当する動詞が引き出され易い症例が認められた.また, 動詞発話の促進効果が副詞よりも擬音擬態語に強いことが知られ, 両者の間に動詞発話にいたる過程で異なる処理が行なわれている可能性が考えられた.副詞や擬音擬態語が発話のための手がかりとして有効に機能するためにはその適用の仕方が異なることが示唆された.

著者関連情報
© 1989 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会 (旧 日本失語症学会)
前の記事
feedback
Top