失語症研究
Online ISSN : 1880-6716
Print ISSN : 0285-9513
ISSN-L : 0285-9513
原著
特異な病巣分布と特異な復唱障害を示した伝導失語の1例
脇阪 圭子大角 幸雄山鳥 重
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 9 巻 4 号 p. 255-261

詳細
抄録

症例は67才,右利き,男性.右半球に陳旧性病巣を持ち,左縁上回病巣の梗塞で失語症を呈した.症状は,理解良好で,発語,特に呼称・復唱など意図的な発語に障害が顕著であったことから伝導失語と診断した.しかし,音の誤り方は特異で,目標語の語尾に新造語が付加され,音節数の増加したジヤーゴンになることが多かった (例 : サイフ…サイフサグ) .これらのジヤーゴンの成立機転について若干の考察を加えた.そして,右半球陳旧性病巣の関与が無視できない可能性を指摘した.また,伝導失語弓状束原因説についても考察を加え,弓状束説では最近の音韻学的データの多様性を矛盾なく説明するのは困難であるとの考えを述べた.

著者関連情報
© 1989 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会 (旧 日本失語症学会)
前の記事 次の記事
feedback
Top