水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
資料
長良川の支流におけるサツキマスの産卵床の特性
桑田 知宣徳原 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 59 巻 3 号 p. 483-487

詳細
抄録

長良川の1支流において22床のサツキマスの産卵床を調査し,その特性(形成位置,大きさ,水深,流速,使用されていた基質の粒径サイズ)を調査した。産卵床の多くは淵尻に形成されていた。産卵床の長径は129.5±44.9 cm(平均±標準偏差,以下同様),短径は85.0±28.9 cmであった。形成された産卵床の平均水深は61.5±16.1 cm。表層の平均流速は42.0±15.5 cm/sec,底層の平均流速は25.9±10.7 cm/sec であった。産卵床の基質は16-63 mm の礫の割合が高かった。観察された産卵床の特性は過去の研究で報告されている河川残留型も含むサクラマス類の産卵床の特性と類似していることが明らかとなった。長良川におけるサツキマスの自然個体群維持のためにはこのような環境を産卵場所として保全維持していくことが重要であると考えられる。

著者関連情報
© 2011 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top