水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
ISSN-L : 0371-4217
原著論文
2004~2009年にブリ類から分離されたα溶血性レンサ球菌症原因菌 Lactococcus garvieae の薬剤感受性
古下 学福田 翼福田 穣山下 亜純柳 宗悦今岡 慶明田中 真二杉原 志貴安部 昌明長野 泰三青野 怜史宮澤 英将芝 恒男
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 63 巻 1 号 p. 59-64

詳細
抄録

2004~2009年に日本の養殖ブリ類から分離されたα溶血性レンサ球菌症原因菌 Lactococcus garvieae 221株について薬剤感受性調査を行った。その結果,2峰性により耐性が確認された薬剤はオキシテトラサイクリン(OTC),エリスロマイシン(EM),リンコマイシン(LCM)であった。また,64.7%の株が LCM 単剤耐性を示した。すべての薬剤に感受性の株は2004年に4.0%であったが,2009年には23.1%に増加した。OTC,EM 耐性株は2009年に0%になった。LCM 耐性株は,72.0~85.1%と減少しなかった。

著者関連情報
© 2015 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top