水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
ISSN-L : 0371-4217
原著論文
各種栄養強化剤を摂取した広塩性ツボワムシ Brachionus plicatilis 複合種2種の個体群増殖,脂肪酸組成およびタンパク質含量の比較
Viliame Waqalevu松井 英明本田 晃伸Serge Dossou山本 淳塩崎 一弘小谷 知也
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 67 巻 2 号 p. 139-155

詳細
抄録

Brachionus plicatilis 複合種 SS および L 型に及ぼす3 種の栄養強化剤(DHA 強化クロレラ,冷凍ナンノクロロプシスおよび乳化筋子油)の餌料効果を比べた(対照区:濃縮淡水クロレラ)。両型ワムシの増殖速度と脂肪酸含量は試験区間で変化した。 非極性脂質と極性脂質の含量はワムシ型間で変化した。可溶性タンパク質は両型で DHA 強化クロレラおよび生クロレラ給餌で多かった。冷凍ナンノクロロプシスを除いた全ての試験区で,SS 型の可溶性タンパク質含量は L 型よりも高かった。 ワムシ型に応じて,培養方法,強化剤の投与量および脂肪酸要求量を考慮する必要がある。

著者関連情報
© 2019 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top