水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
ISSN-L : 0371-4217
原著論文
備讃瀬戸で生産された乾海苔 Pyropia yezoensis の品質と単価の関係
村山 史康草加 耕司東畑 顕石田 典子
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 68 巻 2 号 p. 139-146

詳細
抄録

2017年度に備讃瀬戸海域で生産された1等級から3等級の乾海苔について,色彩色差計による色調(L*a*b*表色系),食感測定器による咀嚼回数(咀嚼値)および味覚センサによる呈味を調べ,品質と単価の関係を明らかにするとともに,官能評価との整合性についても検討を行った。その結果,乾海苔の色調(L*値),咀嚼値および旨味先味と単価の相関係数はそれぞれ r = -0.50,r = -0.70および r = 0.66となり,有意な相関関係が認められた(P < 0.01)。さらに,これらの数値をもとに重回帰分析を行ったところ,呈味が価格形成において重要であると考えられた。また,機器分析結果と官能評価結果が一致していたことから,機器による乾海苔品質の客観的な評価の可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2020 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top