水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
ミヤコタナゴの産卵基質として用いたカワシンジュガイの有効性
秋山 信彦今井 秀行小笠原 義光
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 42 巻 2 号 p. 231-238

詳細
抄録

ミヤコタナゴの繁殖用産卵基質として用いるカワシンジュガイの有効性を調べ, ほかに6種の淡水産二枚貝と比較検討した。7種の二枚貝をミヤコタナゴの産卵用水槽に入れた場合, ミヤコタナゴは, カワシンジュガイに対して最も多く繁殖行動を行い, 産卵した卵・仔魚数もカワシンジュガイが最も多かった。しかし, カワシンジュガイを除くと, ミヤコタナゴは特定の種だけに繁殖行動を多く行うことはなく, 産卵した卵・仔魚数も極少数であった。
実際にカワシンジュガイを用いて, ミヤコタナゴを繁殖した結果, 雌1個体・1か月あたりの浮出仔魚数は6.65と6.81個体であり, 従来用いられてきた産卵基質二枚貝で繁殖した場合より多かった。
以上の結果から, カワシンジュガイは, ミヤコタナゴを増殖させるための産卵基質として有効であると, 考えられる。

著者関連情報
© 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top