水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
神通川で漁獲されたサクラマスの最近の魚体の小型化
田子 泰彦
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 50 巻 3 号 p. 387-391

詳細
抄録

1985~2001年に神通川で漁獲されたサクラマスの年平均体重の変化を調べた。神通川で漁獲されたサクラマスの年平均体重は1992年までは約3kgであったが, 以後減少し, 1997年と2001年には約2kgまで小型化した。1997~2001年の年平均体重の平均は2.5kgで, 1987~1991年の平均値 (3kg) に比べ有意に小さかった。1991年までは0+秋季放流や1+スモルト放流に由来する回帰親魚に比べ天然魚や0+春放流に由来する親魚の平均体重は有意に大きかったが, 1992年以降では両者の大きさはほぼ同じになった。調査期間中に神通川で漁獲されたサクラマスの年平均体重 (y) と尾数 (x) の関係はy=0.000479x+2.16 (r=0.719, p=0.001) で示され, 漁獲尾数が少ない年は魚体も小さい傾向が認められた。神通川で漁獲されたサクラマスの小型化の要因としては, 海域における競合種の個体群の増大, サツキマスとの交雑および河川での漁獲による大型個体の選択的な淘汰の影響などが考えられた。

著者関連情報
© 日本水産増殖学会
前の記事
feedback
Top