水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
ISSN-L : 0371-4217
極体放出阻止型雌性発生二倍体を用いたClarias macrocephalusにおけるマイクロサテライト4座およびアイソザイム5座のG-Cマッピング
Uthairat Na-NAKORNSudawan SRIPAIROJThawatchai NGAMSIRISupawadee POOMPUANG谷口 順彦
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 54 巻 4 号 p. 505-513

詳細
抄録

Clarias macrocephalusの雌性発生二倍体を用いてアイソザイム遺伝子座およびマイクロサテライトマーカー座のそれぞれについて動原体との問の図距離を推定した。対象としたアイソザイム遺伝子はsMDH-1, PGM, GPI-1, ADHおよびESTの5座であり, マイクロサテライトマーカーはCma-2, Cma-3, Cma-4およびCga-3の4座である。PGM ESTおよびCma-2は組み替え率が高く, 動原体に対し遠位にあることが示唆された。また, 本種においては遺伝子座間に強い干渉が働いていることが示唆された。他方, Cma-4, Cga-3およびGPI-1は動原体に対し近位にあるこが示唆された。また, sMDH-1Cma-3は連鎖していることが示唆された。固定指数 (1-y) は0.570であった。

著者関連情報
© 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top