教育心理学年報
Online ISSN : 2186-3091
Print ISSN : 0452-9650
Ⅳ 教育心理学と実践活動
読解方略の指導
犬塚 美輪
著者情報
ジャーナル フリー

52 巻 (2013) p. 162-172

詳細
PDFをダウンロード (471K) 発行機関連絡先
抄録

 本稿では,まず,読解方略の定義とその効果に関する知見を整理した。その上で,読解方略の指導実践および読解方略指導の研究について,国内外の現状をまとめた。国内の研究においては,読解方略指導に関する研究自体が少ないこと,中でも客観的な効果の測定を行った実践研究があまりなされていないことが大きな課題であると言えた。また,学校現場での指導の実態について見てみると,有効性が指摘される方略の一部はよく指導されているものの,指導が不足している方略もあることや,明示的な方略指導が行われにくいことが示唆された。最後に,読解方略指導における新たな課題として,マルチメディア題材の読解や批判的読解における方略の検討とその指導を取り上げた。

著者関連情報
© 2013 日本教育心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 会員の皆様へ教育心理学年報』56集を8月10日にお送りしました。
    届いていない方は,学会事務局までご連絡をお願いします。

    日本教育心理学会 事務局
    TEL:03-3818-1534 FAX:03-3818-1575
    E-mail:office(at)edupsych.jp
関連情報

第60回総会は,以下の日程で開催します。
開催日 : 2018年9月15日(土)~17日(月・祝)
担当校 : 慶応義塾大学
場 所 : 慶応義塾大学日吉キャンパス(独立館)

feedback
Top