J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

教育心理学年報
Vol. 55 (2016) p. 183-202

記事言語:

http://doi.org/10.5926/arepj.55.183

III 展望

 本研究の目的は, 学校教育に関わる社会問題を取り上げ, その社会問題に関する社会心理学研究の現状を考察し, 今後を展望することである。まず, 社会問題(研究)を「教授学習研究」「人間関係・対人関係」「子どもの道徳性の発達」「学校・学級経営と教師のリーダーシップ」「家庭と福祉と学校教育」「災害と子どもの社会活動」の6カテゴリーに整理した。各カテゴリーの「社会問題」について社会的背景として簡単に説明した上で, それぞれのカテゴリー毎に関連する心理学研究を取り上げて紹介し, 研究の考察を行った。まとめとして, 初めに研究全体の「概況」を述べた。「教育・社会心理学の理論的基礎」「社会の中の教育・社会心理学研究」「学校外教育の研究」「質的研究の進展」「知見・成果の社会への応用」の6つから教育・社会心理学の今後を展望した。

Copyright © 2016 日本教育心理学会

記事ツール

この記事を共有