教育心理学年報
Online ISSN : 2186-3091
Print ISSN : 0452-9650
I わが国の教育心理学の研究動向と展望
測定・評価・研究法に関する研究の動向と展望
—— 教育測定・心理統計の専門家の不足および心理統計教育の問題の再考と「専門家による専門家の育成」の必要性 ———
宇佐美 慧
著者情報
ジャーナル フリー

55 巻 (2016) p. 83-100

詳細
PDFをダウンロード (774K) 発行機関連絡先
抄録

 本稿の目的は, 本邦の最近1年間の教育心理学に関わる測定・評価・研究法についての研究動向を, 『心理尺度』, 『試験・テスト』, 『量的研究法』, 『統計分析・統計理論』, 『心理統計教育』, および『その他の研究』, の計6つの観点に分けて整理し, 関連する諸問題について幅広く取り上げることである。また, 教育測定・心理統計の専門家(教育者・研究者)の人材不足と心理統計教育の問題は, 本邦の測定・評価・研究法に関する研究および実践上の諸問題の根幹であることを指摘し, 「専門家による専門家の育成」の重要性についても多面的に論じた。

著者関連情報
© 2016 日本教育心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 会員の皆様へ教育心理学年報』56集を8月10日にお送りしました。
    届いていない方は,学会事務局までご連絡をお願いします。

    日本教育心理学会 事務局
    TEL:03-3818-1534 FAX:03-3818-1575
    E-mail:office(at)edupsych.jp
関連情報

第60回総会は,以下の日程で開催します。
開催日 : 2018年9月15日(土)~17日(月・祝)
担当校 : 慶応義塾大学
場 所 : 慶応義塾大学日吉キャンパス(独立館)

feedback
Top