アレルギー
Online ISSN : 1347-7935
Print ISSN : 0021-4884
ISSN-L : 0021-4884
本邦における病院通院成人喘息患者の実態調査 : 国立病院機構ネットワーク共同研究
福冨 友馬谷口 正実粒来 崇博岡田 千春下田 照文尾仲 章男坂 英雄定金 敦子中村 好一秋山 一男国立病院機構気管支喘息調査ネットワーク研究班
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 59 巻 1 号 p. 37-46

詳細
抄録

【目的と方法】本邦の病院通院成人喘息患者の実態を明らかにするために,2006年9月から10月に国立病院機構26施設のアレルギー科あるいは呼吸器科通院・入院中の喘息患者2524名とその主治医に対して,喘息の治療状況とコントロール状況をアンケート調査した,1995年に行われた同様の調査の結果とも比較し,対象集団の年齢性別階級分布の違いを調整し,喘息治療とコントロールの推移についても検討した.【結果】調整後の2006年の吸入ステロイドの使用率は89%であり,1995年の調査での62%と比べると増加していた.生涯で喘息発作入院を経験した者の割合は減少していた(1995年,73%;2006年,47%),2006年調査で,ステップ4の治療を行っていてもステップ2以上の症状が持続する難治例は15%であり,過去12ヵ月で発作入院を経験したものは8%,発作で外来受診を経験した者は25%であった.【結語】1995年から2006年で,吸入ステロイドの使用率は増加し,喘息コントロールの改善が示唆された.しかし,2006年においても,十分な喘息治療を行ってもコントロールできない難治例が少なくないことが明らかになった.

著者関連情報
© 2010 日本アレルギー学会
前の記事 次の記事
feedback
Top