アレルギー
Online ISSN : 1347-7935
Print ISSN : 0021-4884
食物依存性運動誘発アナフィラキシーとして発症したリンゴアレルギーの1例
金子 真理八木 久子小山 晴美中嶋 直樹村松 礼子滝沢 琢己荒川 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

62 巻 (2013) 6 号 p. 698-703

詳細
PDFをダウンロード (325K) 発行機関連絡先
抄録

症例は13歳男児.運動後のアナフィラキシー症状を2度呈し,food-dependent exercise induced anaphylaxis (FEIAn)を疑われ当院にて運動誘発試験を行った.2回のエピソード前の食事に共通してリンゴが含まれていたこと,リンゴのプリックテストが陽性であったことから,リンゴ摂取後に運動負荷試験を施行したところ,鼻汁,くしゃみ,咽頭の違和感口蓋垂の腫脹を認め,リンゴによるFEIAnと診断した.その後,リンゴ摂取は禁止せず摂取後の運動を控えていたが,約5カ月後にはリンゴ加工品摂取のみでアナフィラキシー症状が出現するようになった.FEIAnの予後に関する報告は少なく,中長期的な予後は不明である.リンゴという特殊性の高いアレルゲンによるFEIAnの中には,本症例のように運動と関連のないアレルギー反応へと変遷する症例もあり,注意深く経過観察する必要があると考えられた.

著者関連情報
© 2013 日本アレルギー学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top