J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

東北理学療法学
Vol. 27 (2015) p. 65-70

記事言語:

http://doi.org/10.15049/artsjpta.27.0_65

研究論文

目的:立位及びステップ位での下肢荷重量の変化がヒラメ筋H反射の振幅に及ぼす影響を検討する。方法:健常成人9名を対象とした。立位,前及び後ステップ位で下肢荷重量を変化させ,ヒラメ筋H反射を測定した。立位では体重の5%,25%,50%,75%,95%荷重,前後のステップ位で体重の25%,50%,75%荷重とした。各荷重条件において最大M波振幅に対するヒラメ筋H反射の振幅比(%Mmax),下肢筋(ヒラメ筋,前脛骨筋,外側広筋)の背景筋電図比(%RMS),下肢関節角度(足関節,膝関節,股関節)を測定した。結果:立位では下肢荷重量の増加に伴い,%Mmaxは有意に増加し,前及び後ステップ位では%Mmaxは有意に減少した。考察:ヒラメ筋H反射の振幅は下肢荷重量の変化に影響され,立位とステップ位においては相反する影響を受けた。その主たる要因は,ヒラメ筋の背景筋電図とIb抑制,前脛骨筋による相反性Ia抑制が考えられた。

Copyright © 2015 公益社団法人 日本理学療法士協会 東北ブロック協議会

記事ツール

この記事を共有