東北理学療法学
Online ISSN : 2189-5686
Print ISSN : 0915-2180
ISSN-L : 2189-5686
研究論文
介護予防事業における身体の痛みの軽減及び痛みの有無による影響
星 真行難波 樹央高橋 寿和板垣 光子佐々木 恵子江森 由香渡部 美聡長橋 育恵宮坂 美和子相澤 裕矢
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 31 巻 p. 66-73

詳細
抄録

【目的】 二次予防対象者に介護予防事業を取り組み,介入前後での身体の痛みの軽減,および痛みの有無による影響について検討することである。

【方法】 対象は二次予防対象者164名であり,脱落者及び最終評価を実施できなかった者を除外した148名(男性32名,女性116名)を解析対象とした。週 2 回(全21回)のプログラム介入を行い,介入前後で身体機能評価を実施した。痛みの評価は,Numerical Rating Scale(以下,NRS)を用い,終了時にアンケート調査を実施した。

【結果】 NRS得点による介入前後の比較では,痛みの軽減が認められた(p <0.01)。疼痛部位は,膝47%,腰26%の順に多かった。また,介入前後における身体機能の改善が示唆され,痛みによる群間比較において, ファンクショナルリーチ,長座位体前屈では交互作用も認められた。

【結論】 介護予防事業に理学療法士が関わることにより,身体の痛みの軽減を図ることが可能であり,痛みの程度によって身体機能の改善にも影響がみられた。

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本理学療法士協会 東北ブロック協議会
前の記事 次の記事
feedback
Top