人類學雜誌
Online ISSN : 1884-765X
Print ISSN : 0003-5505
東北地方一農村の結婚と出生,1760-1870
木下 太志
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 98 巻 3 号 p. 317-336

詳細
抄録

山形県天童市の旧山家村に残る1760年から1870年にわたる宗門改帳を使って,江戸時代における東北地方の農民の結婚と出生を分析した。結婚に関しては,男子の場合,初婚年齢,既婚率ともに経済的要因によって強く影響されるが,女子の場合にはこのことは必ずしも言えない。この理由として,男女間の社会的,経済的地位の差が考えられる。また,山家村の出生率は時代とともに増加しているが,これは主に有配偶出生率の増加に起因し,生涯未婚率の低下が補助的に出生率の増加に寄与している。出生率の増加には,労働形態の変化,雇用機会の増大,賃金の上昇等が関与しているものと考えられろ。

著者関連情報
© 日本人類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top