AUDIOLOGY JAPAN
Online ISSN : 1883-7301
Print ISSN : 0303-8106
ISSN-L : 0303-8106
原著
補聴器適合検査としての『きこえについての質問紙2002』の応用に関する検討
鈴木 恵子岡本 牧人鈴木 牧彦佐野 肇原 由紀井上 理絵大沼 幸恵上條 貴裕猪 健志
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 52 巻 6 号 p. 588-595

詳細
抄録

『きこえについての質問紙2002』のうち “聞こえにくさ” に関わる10項目を, 補聴器適合のための主観評価法として応用することを目指し, 補聴器装用者232例 (軽~高度難聴), および補聴器適合を行った軽中等度難聴82例 (補聴器装用前・装用後ともに資料あり) の回答を解析した。解析結果をもとに, 軽中等度, 高度の群別に得た各項目の回答スコアの中央値, および装用前からの1以上のスコア軽減を評価基準とする補聴器適合のための評価表を試作した。中央値以下のスコアを得た項目数が, 補聴器に対する全体としての満足度, および装用時の語音明瞭度と有意な正の相関を示し, スコアの中央値を評価基準とすることの妥当性が示唆された。以上から, “聞こえにくさ” 10項目と評価表を, 適合評価のために応用できると結論した。

著者関連情報
© 2009 日本聴覚医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top