AUDIOLOGY JAPAN
Online ISSN : 1883-7301
Print ISSN : 0303-8106
総説
補聴器の進歩と聴覚医学
「補聴器の歴史と変遷―最新補聴器の紹介―」
神田 幸彦
著者情報
キーワード: 補聴器, 進歩, 歴史, 高齢化社会
ジャーナル フリー

2017 年 60 巻 2 号 p. 121-128

詳細
抄録

要旨: 難聴者にとってこれまでの大きな問題だったのは, 何だったのか? それはどう解決されていったのか? 補聴器の歴史と変遷は正に難聴患者に寄り添いながら発展, 進歩を重ねてきた。最近では雑音抑制, 音声強調に加え音楽も聴きやすく, 10kHz~12kHz まで増幅可能な補聴器も出現してきた。補聴器の歴史と進歩, 問題点の解決, これまでの筆者の補聴器外来 2,468名で扱ってきた主要なメーカーの歴史的変遷, 補聴器外来の年代別外来統計ヒストグラムの変遷なども踏まえ, 補聴器の進歩により生ずる新たな問題についても考察を加えた。  

著者関連情報
© 2017 日本聴覚医学会
次の記事
feedback
Top