AUDIOLOGY JAPAN
Online ISSN : 1883-7301
Print ISSN : 0303-8106
玩具のラッパによる幼児急性音響外傷
別府 玲子服部 琢喜多村 真弓柳田 則之
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 38 巻 1 号 p. 38-43

詳細
抄録

5歳女児が耳鳴を主訴に来院し, 詳細な問診と検査の結果, 玩具のラッパから発生した強大音による急性音響外傷と診断された。初診時の標準純音聴力検査では中高音域に60-70dBHLの聴力レベルの低下を認め, 直ちにATP, ビタミン剤, ステロイド剤の点滴加療を開始した。聴力レベルは一部回復したものの2kHz, 4kHzに難聴が残り, 耳鳴も不変であった。幼児急性音響外傷は患者が幼児であるが故にその診断や発生の経緯の推定が困難と思われる。今回の症例での主訴は幼児としては珍しい耳鳴であった。幼児の耳鳴と難聴の関係について検討を加えた。また音源の音圧はプローブマイクより5cmの距離で130dB (A) 以上と高く, 急性音響外傷の原因音と充分なりうるものであった。強大音を発生する玩具や音響機器の幼少児に対する危険性についての啓蒙が必要である。

著者関連情報
© 日本聴覚医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top