AUDIOLOGY JAPAN
Online ISSN : 1883-7301
Print ISSN : 0303-8106
人工内耳と補聴器を併用した聴覚障害児の聴取様態
両耳融合の観点から
富澤 晃文木下 眞理加藤 大典
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 47 巻 6 号 p. 617-623

詳細
抄録

人工内耳と補聴器を併用する聴覚障害児4名の聴取様態について, 両耳聴の観点から検討した。人工内耳側―補聴器側間では, 装用閾値だけでなくラウドネスの上昇特性も異なっていた。1kHzハイパス/ローパスフィルタによる両耳ひずみ語音検査の結果, 人工内耳側にハイパス語音, 補聴器側にローパス語音を呈示した際に, 両耳聴による聴取成績の向上が顕著にみとめられた。一方で, 逆の帯域フィルタ条件における聴取成績は低く, 語音聴取においては, 人工内耳側は高音域に, 補聴器側は低音域に優位であることが分かった。主観的な日常のきこえについては, 3名が両デバイスを併用した方がよくきこえると評価していた。これらの結果は, 人工内耳と補聴器の音情報が異質であるにも関わらず, 両耳への併用によって単一の音韻が知覚されたことを支持した。両デバイスの併用を好む聴覚障害児においては, 両耳融合が生じていたと考えられる。

著者関連情報
© 日本聴覚医学会
次の記事
feedback
Top