日本生物地理学会会報
Online ISSN : 1880-8093
Print ISSN : 0067-8716
ISSN-L : 0067-8716
原著論文
日本海産ハナクラゲモドキMelicertum octocostatum (軟クラゲ目, ハナクラゲモドキ科) の成熟クラゲ
奥泉 和也久保田 信
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 58 巻 p. 39-41

詳細
抄録

山形県沿岸から2002年と2003年に計24個体のハナクラゲモドキを観察・採取した. その内の雌1個体の外部形態, 刺胞相, 卵の直径を記載する. 本種の成熟個体の記載は日本からは初めてとなる. この雌個体は, これまで北日本 (2地点) から報告されているどの7個体よりも大きく, 傘径と傘高はともに15.1mmあり, また最大数の触手を備えていた (よく発達した少なくとも80本の触手に加えてほぼ同数の小型の触手). 触手や口唇に装填される刺胞 (無棘型等根体と短床型有鞭体の2種類) と体部位ごとのそれぞれの刺胞の大きさを記載した. また, 放卵された未成熟卵の直径は, 通常104μmであった.

著者関連情報
© 2003 日本生物地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top