バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
ISSN-L : 1348-7116
1部 生体機能のシステム化
チンパンジー手部構造の解剖学的精密筋骨格モデル
荻原 直道工内 毅郎中務 真人
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 18 巻 p. 35-44

詳細
抄録

ヒトの精密把握能力の形態的基盤の進化を明らかにするためには, ヒトと最も近縁なチンパンジー手部構造の形態と機能の関係を理解することが不可欠である. このためCT および屍体解剖により取得した形態学的情報を元に, チンパンジーの手部筋骨格系の数理モデルを構築した. 本モデルを用いてチンパンジーの形態に規定される精密把握能力を生体力学的に推定し, ヒトの手と比較した結果, 特に第1背側骨間筋の付着位置の違いが, ヒトに特徴的な優れた把握能力に大きく寄与していることが示唆された.

著者関連情報
© 2006 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top