バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
4部 筋・骨格
変位筋音図の計測と小型変位MMGセンサの開発
岡 久雄北脇 知己岡本 基市橋 則明吉田 正樹
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 21 巻 p. 219-230

詳細
抄録

骨格筋の収縮機能を評価するには, 生化学的検査や画像診断の他に筋電位信号がよく用いられるが, これは筋を収縮させる入力側の信号である。筋音信号は筋収縮に伴う振動, すなわち出力側の信号であるので, 両者を計測・比較することによって筋の収縮様相を正しく評価できると考えられる。筋疲労や筋力トレーニングを行ったときの変位筋音信号を測定したところ, 速筋線維の寄与率変化が示唆された。さらに変位筋音信号を簡便に測定するために, フォトリフレクタを応用した小型・軽量の変位筋音センサを開発した。本センサはエルゴメータ運動やトレッドミル歩行中でも筋音信号の測定が可能で, 単収縮波形を算出することができた。

著者関連情報
© 2012 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top