バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
2部 生理・リハビリテーション
滑動性追跡眼球運動におけるヒトのタイミング適応の特性
小野 誠司木塚 朝博岡田 守彦
著者情報
ジャーナル フリー

23 巻 (2016) p. 87-95

詳細
PDFをダウンロード (776K) 発行機関連絡先
抄録

視覚情報の入力のタイミングは運動制御の調節や適応に重要な役割を果たしている. 先行研究から, 急激な速度変化を伴う視標の動きを繰り返し眼で追うことによって, 滑動性追跡眼球運動 (パーシュート) に適応的変化が起こることが知られている. 本研究では, 視標の速度変化のタイミングに注目し, 変化時間に同期したパーシュート適応が起こるかについて検討した. その結果, ヒトのパーシュートにタイミング特異的な適応 (タイミング適応) が認められた. さらに, 先行研究よりヒトとサルの眼球運動の類似性が報告されているが, タイミング適応の場合, ヒトとサルでは適応パターンが異なることも明らかになった. これらの結果から, パーシュートのタイミング適応はヒト特有の時間予測を含めたタイミング制御機構に起因していることが示唆された.

著者関連情報
© 2016 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • [次回のバイオメカニズム・シンポジウム予定]
    ■ 
    第26回バイオメカニズム・シンポジウム
    【日程】2019年
    7月5日(金)~7日(日)
    【場所】
    八ヶ岳ロイヤルホテル(山梨県北杜市)
    【実行委員長】持丸 正明(産業技術総合研究所)
    【テーマ】未定

関連ジャーナル
feedback
Top