バイオフィリア リハビリテーション学会研究大会予稿集
Online ISSN : 1884-8699
ISSN-L : 1884-8672
バイオフィリア リハビリテーション学会
会議情報

挨拶
22回大会-国際学会理事長挨拶
滝沢 茂男
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 3-

詳細
抄録

第22回バイオフィリアリハビリテーション学会大会の開催に当たり、国際学会理事長として、国際学会から心からのお祝いを申し上げます。今日の日本は人口転換に直面しています。

少子高齢化が進み人口が減少する。わが国では、2005年に死亡数が出生数を上回り、人口減少社会になりました。今後14歳以下の子供の数は現在より400万人減って高齢者数の半分という少子国になると予測されています。

また、科学技術の知は個人の人生の充実に寄与し、誕生から死に至る間の快適な生活を保障しています。さらに、医療技術の進歩や衛生・栄養等の向上は人類の長寿命化を可能にしています。

多産多死から多産少死、少産少死となり、継続的に人口が減少していく変動過程を「人口転換」と呼びます。その人口転換がもたらす新たな現実に日本人や人類は適応できるのでしょうか。

人口転換は何をもたらすのでしょうか?

藤沢市の耳鼻科医師矢野潮医学博士の祝辞と甘利明代議士への手紙を引用し、第22回学会への思いとこの学会が社会へ与える影響を述べて、ご挨拶といたします。

著者関連情報
© 2018 バイオフィリア リハビリテーション学会
前の記事 次の記事
feedback
Top