J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Bird Research
Vol. 10 (2014) p. F3-F11

記事言語:

http://doi.org/10.11211/birdresearch.10.F3

特集

2009年から2013年まで,全国21か所の森林で繁殖期の鳥類の個体数変化についてモニタリングを行なった.98種の鳥が記録され,そのうち10地点以上で記録された25種を対象に解析を行なったところ,薮を生息地とするウグイスとコルリが減少しており,キビタキが増加していた.ウグイスとコルリはシカの植生への影響が顕著な場所で個体数が少なく,シカによる下層植生の減少がこれらの種の減少につながっていることが示唆された.しかし,シカの影響が顕著でない場所でも減少傾向にあり,今後のモニタリングにより減少の原因のさらなる検討が必要である.

Copyright © 2014 特定非営利活動法人バードリサーチ

記事ツール

この記事を共有