J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Bird Research
Vol. 11 (2015) p. A21-A30

記事言語:

http://doi.org/10.11211/birdresearch.11.A21

原著論文

 湿地再生のための新たな池の造成が越冬期のチュウヒ Circus spilonotus の探餌飛行におよぼす影響を検証するために,栃木県南部の渡良瀬遊水地において2004年および2014年の10月中旬から11月と2015年の1月から2月に,再生湿地と隣接するヨシ原における探餌飛行および狩り行動の頻度と探餌飛行の利用時間の調査を行なった.池の造成前の2004年には,探餌飛行の頻度はヨシ原の方が再生湿地より有意に高かった.一方,造成後の2014年には,チュウヒはヨシ原より再生湿地を有意に多く利用した.同様に探餌飛行時間でもチュウヒは有意に多く再生湿地を利用した.この季節,再生湿地の池にはチュウヒの主要な食物資源であるカモ類やカイツブリ類,オオバンが多数生息し,狩り行動も再生湿地で有意に多く行なった.しかし,カモ類がほとんど生息しなくなった2015年1月から2月には,再生湿地とヨシ原で探餌飛行の頻度や利用時間に有意な違いはなかった.したがって,越冬シーズンを通してチュウヒの採食環境を創出するためには,食物資源であるカモ類など大型の鳥類が長期にわたって多数生息できるような池の構造や水位および植生の管理が必要と考えられた.

Copyright © 2015 特定非営利活動法人バードリサーチ

記事ツール

この記事を共有