Bird Research
Online ISSN : 1880-1595
Print ISSN : 1880-1587
原著論文
先島諸島におけるアカヒゲの冬期の分布
関 伸一
著者情報
ジャーナル フリー

12 巻 (2016) p. A47-A54

詳細
PDFをダウンロード (852K) 発行機関連絡先
抄録

先島諸島の宮古島,石垣島,竹富島,小浜島,黒島,波照間島,西表島,与那国島におけるアカヒゲLarvivora komadori の冬期の分布を,さえずりの再生音をもちいた定点観察により調査した.すべての島でアカヒゲが確認され,樹林地周辺に任意に設定した853地点のうち300地点において合計364羽が記録された.目視観察できた53羽はすべて亜種アカヒゲL. k. komadori に特徴的な羽衣を持つ個体であった.これまで先島諸島でのアカヒゲの観察記録が少なかったのは,冬期には地鳴きやさえずりの頻度が低く,植生が密な場所を好むため,通常の鳥類調査での発見率が低かったためと推測された.渡り個体群の主要な越冬地が先島諸島地域に限られ,常緑広葉樹林だけでなくその他の森林や集落内の樹木のある小面積緑地にも生息していることから,多様な樹林地を含めて生息地の管理を行なう必要があると考えられた.

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人バードリサーチ
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top