Bird Research
Online ISSN : 1880-1595
Print ISSN : 1880-1587
テクニカルレポート
日本のサンショウクイ2 亜種の音声の違いと簡便な判別法
三上 かつら植田 睦之
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

12 巻 (2016) p. T1-T8

詳細
PDFをダウンロード (1170K) 発行機関連絡先
抄録

 亜種サンショウクイと亜種リュウキュウサンショウクイの音声を比較し,両亜種の違いを記述するとともに,簡便な計測および判別方法を開発した.7つの音声要素に着目し,両亜種の平均値を比較したところ,先頭の周波数,第1音素の最大周波数,最高周波数,最大音圧の周波数,最初の音素の最大周波数から最後の音素の最大周波数を引いた値,計5つの要素で有意な違いがみられた.亜種サンショウクイに比べ,亜種リュウキュウサンショウクイのほうが,全体的に音が高く,音色がフラットまたは尻下がり調子になる傾向があるといえる.線形判別関数の利用および特定の変数の値と95%信頼区間を比較するという2つの方法で、判別方法の実用性を確認した.神奈川県で録音された4例の亜種不明サンプルをこれらの方法で判定したところ,4例すべてが亜種リュウキュウサンショウクイであると判定された.今回用いた方法は録音状況があまり良くない音声記録にも用いることができ,サンショウクイ2亜種の判別に有効だと思われる.

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人バードリサーチ
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top