J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Bird Research
Vol. 6 (2010) P S21-S26

記事言語:

http://doi.org/10.11211/birdresearch.6.S21

短報

北海道西部の日本海沿岸において,オジロワシとオオワシの飛行頻度に影響する気象要因を明らかにするために調査を行なった.解析した気象要素は,気圧,気温,降水量,風速,日照量および,風速の西ベクトル(西方向の風の強さ)と北ベクトル(北方向の風の強さ)で,これらとワシ類の飛行頻度とを比較した.その結果,西方向の風の強さがオジロワシ,オオワシの出現頻度に影響していた.調査地では西方向の風が吹くと海岸段丘による斜面上昇風が生じると考えられ,そのため西方向の風が強いとワシ類の出現頻度が高くなるのだと考えられる.

Copyright © 2010 特定非営利活動法人バードリサーチ

記事ツール

この記事を共有