桐生大学紀要
Online ISSN : 2435-7049
Print ISSN : 2186-4748
フランスの介護保障と地域ケア
松原 直樹
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2019 年 30 巻 p. 35-43

詳細
抄録

 フランスでも他の先進諸国同様,高齢化の進行は進んでいるが,日本と異なり,緩やかな高齢化にとどまっている. それでも,高齢化の進展とともにフランスでの高齢者介護についての施策は着実に実施され,近年では,認知症対 策に端を発し,地域を中心とした介護保障の仕組みが形作られてきている.これは,日本の地域包括ケアシステム の進展と同じ方向に向かっているものと考えられる.本稿では,フランス介護保障で主要な役割を果たしている「個 別化自立手当(APA)」や地域ケアにとって重要な役割が期待されている「地域・情報連携センター(CLIC)」や「自立と 包括的ケアのネットワーク(MAIA)」について検討し,今後の日本における地域に基礎を置く介護保障の方向性を 考察した.

著者関連情報
© 2019 桐生大学・桐生大学短期大学部
前の記事 次の記事
feedback
Top