バイオフィリア リハビリテーション研究
Online ISSN : 1882-5559
Print ISSN : 1347-5568
ISSN-L : 1347-5568
原著論文
褥瘡の予防とリハビリテーション実施に関する研究
滝沢 茂男武藤 佳恭木村 哲彦牛澤 賢二滝沢 恭子長岡 健太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 5 巻 1 号 p. 11-18

詳細
抄録

回復度基準の一部導入が行われた.回復を目的とせず,障害を受容し,たとえば利き手交換などによる生活の再構築を目指したリハビリテーション医療(リハ)にとって,回復度基準の導入は大きな転機である.評価方法も困難であるなどとの意見があるが今後導入がさらに進むものと考えられる.我々は高齢障害者の褥瘡を実際に無くした療養型医療施設の現状をリハの実施に着眼して,リハの実施に伴う障害老人の日常生活自立度の変化を調査した.要介護度に即した例外ないリハの実施が,褥瘡予防に寄与すると共に,自立度を向上させていたことが分かったので,その実際を報告する.自立度の向上が検定されたことは,今後の回復度基準の導入にも有益と思われる.

著者関連情報
© 2009 バイオフィリア リハビリテーション学会
前の記事 次の記事
feedback
Top