バイオフィリア リハビリテーション研究
Online ISSN : 1882-5559
Print ISSN : 1347-5568
ISSN-L : 1347-5568
報告
イオン泳動法の開発とリハビリテーションへの応用
秋本 眞喜雄宮崎 道雄菊田 敏輝西村 朋史田村 睦宮川 道夫
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 5 巻 1 号 p. 19-24

詳細
抄録

リハビリテーションは機能回復の意味であるが,病気やケガのみならず加齢に伴う老化によっても機能を損傷して能力の障害を生じる.従来は理学療法士による機能回復が中心であったが,近年の高齢化の中では機能回復だけでなく治療技術もリハビリテーションに要求されている.本研究は皮膚に微小な電流を流してイオン性薬物の経皮吸収性を促進させるイオン泳動法に着目し,高齢者に好発する皮膚悪性腫瘍の光線力学的療法を施行して経皮吸収促進を試みた.光感受性物質が短時間で皮膚吸収することが確認され,患者拘束時間も大幅に短縮でき,高齢者介護にも利用できることが示唆された.

著者関連情報
© 2009 バイオフィリア リハビリテーション学会
前の記事 次の記事
feedback
Top